青茶ってどうなの?

白茶で、良い意味で中国茶のイメージを覆されたところで、日本でお馴染みの中国茶の一つである烏龍茶(青茶)に続きます。

白茶で、良い意味で中国茶のイメージを覆されたところで、日本でお馴染みの中国茶の一つである烏龍茶(青茶)に続きます。

今回は、「高山金萱」と「鳳凰單叢」という2種類のお茶を頂きました。

高山金萱(青茶)


はりきって飲み過ぎて、お茶の写真を撮り忘れました(笑)

白茶は本当に色の薄いお茶でしたが、青茶はそれよりも少し濃い感じで、ちょっと薄めに入れた日本茶のような色でした。
そういえば、一般的に飲むサントリーの烏龍茶に比べるとずいぶん薄かったなぁ・・・

そして、一番驚いたのがその香り♪
うっすらと甘い香りが、飲んだ後「すぅ〜」と鼻に抜けるのが心地いい感じです。


お茶を煎れ終わった状態で茶壺から茶葉を取り出してみました。
茶葉を開いてみると、まさに葉っぱの形。
機会摘みだと、こんなにキレイな形にはならないそうです。

鳳凰單叢(青茶)

続いて日本人に比較的人気が高いという鳳凰單叢


鳳凰單叢の茶葉。
半発酵茶というだけあって、かなり黒っぽい感じですね〜


先ほどの高山金萱とはうってかわって、結構苦みの強い「いわゆる」中国茶っていう感じの味わいです。
日本人のイメージに近いか人気なのかと一瞬思いましたが、後から来る香りでその間違いに気がつきました!

ん〜、果物というんでしょうか?
わりと爽やかな、それでいて強烈な、ちょっとなかなか無い香りです。
この香りがホント良い香りで、思わず黙り込んで味わい、そして飲み終わると「あ〜、和むねぇ」という「ほけ〜」とした感じに(笑)

日々、本業と副業の狭間で忙しい日々を送りすぎて久しくこんな時間は忘れていましたよ・・・
半分取材のつもりで、中国茶を味わいに来てこんなに癒されるとは思いもしませんでした!

前の記事→ 白茶を飲んでみた
  次の記事→ 黒茶には生茶と熟茶があります »
青茶ってどうなの?へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kossori.biz/blog/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2494


このサイトは、アフィリが運営する気になるアレを実際に使用し調査報告するサイトです