黒茶には生茶と熟茶があります

日本ではプーアル茶として有名な黒茶ですが、実は本物の黒茶は日本ではなかなか飲めないそうなのです。

感想・体験談検索エンジン > 中国茶器と中国茶 > 黒茶には生茶と熟茶があります

最後は、年を経るごとに発酵が進み何十年も経ったのもだとビックリするようなお値段だったりもする黒茶です。

日本ではプーアル茶として有名な黒茶ですが、実は本物の黒茶は日本ではなかなか飲めないそうなのです。

というのも、黒茶には「生茶」と「熟茶」の2種類があります。
日本でよく飲まれているのは「熟茶」なのですが、本当の黒茶の美味しさは「生茶」でこそ味わえるそうなのです。

それぞれの違いは、その発酵方法。

生茶は緑茶を圧縮して固めた後、自然発酵により長い時間をかけてゆっくりと発酵させたものです。
年月をかけて、発酵させるため年を経るごとに美味しくなり価値も上がっていきます。

一方熟茶は、圧縮する前に麹菌の力を借りて短時間で発酵させます。
この時点で茶葉は死んでしまっているため長時間おいても内部的な変化はありません。

白川氏曰く「生茶にこそプーアル茶を飲む価値がある」ということで、最後のメインイベントをこっそりと楽しみにしていました(笑)

生茶と熟茶を比較する

そんな種類があるなんて少し前までまったく知らなかったわけですが、ホントに言うほど違うのでしょうか?
これ実際に飲み比べないわけにはいきませんね!


と、取り出したのは3種類の茶葉が入った袋。
それぞれ、「熟茶」、「生茶(本物)」、「生茶(安物)」だそうなのですが、素人の僕にはまったく区別が付きません(笑)


茶葉を見ても何のことやら分からないので、実際に煎れてみることにしましょう♪
まず始めに、熟茶と生茶を比べます。
今回は見た目のわかりやすさを重視するために、蓋碗で直接煎れてみます。

しばらく待つと、それぞれに変化が!?
写真で分かるように、手前の方が色が薄く奥の方が濃くなってきました〜


茶海に移してみるとその違いはよりはっきりと分かります。
さて、ここで問題です。
濃い方と薄い方、どちらが熟茶でどちらが生茶でしょうか?

答え:薄い方が生茶
正直に言いますが、濃い方が生茶だと思ってました(T T)
だって黒茶って言うし、濃い方が・・・

それぞれ飲み比べてみました。

まず、「熟茶」
これって、普段飲んでるプーアル茶です(笑)
これまで、さんざん香りの良いお茶を飲み続けてきたせいもあると思うのですが、改めて考えると微妙に物足りない感じです。
まぁ、それはそれで「普通」で良いような気もしますが・・・w

そして、「生茶」
本物のプーアル茶は新陳代謝を高める健康茶として有名だそうなのですが、思わず納得してしまう刺激的な味わいです!
味覚を表現することにかけては、ほぼ素人の僕ではこの味をなんと表現したものやら・・・
深いというか・・・、香り高いというか・・・、またあっちの世界へ行ってしまいそうというかw
とにかく、また「和んでしまう」そんな不思議な飲み物でした。


そして、入れ終えた後の茶葉。
生茶のほうは、何年も寝かせてあったというのに、まだ葉っぱの形状を残していますね〜


開いてみると、まさに葉っぱ♪
しかも引っ張ってもなかなか切れないくらいみずみずしいです。
さすが「生きている」と表現されるだけあって、20年前の葉とは思えません・・・

前の記事→ 青茶ってどうなの?
  次の記事→ 生茶の本物と偽物 »
黒茶には生茶と熟茶がありますへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kossori.biz/blog/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2495


このサイトは、アフィリが運営する気になるアレを実際に使用し調査報告するサイトです