苦丁茶の効能と味

最近、花粉症に効いたりするということで健康茶として通販等で話題の「苦丁茶(青山緑水)」の効能を体感しました。

先ほどはまずいお茶を飲んでしまい、これで締めるわけには行かないので、これまで飲んだ美味しいお茶で口直し(笑)

みなさん、好みのお茶を思い思いにいただきます♪
「やっぱ、本物は違うね〜」とすっかりわかったような僕w

さて、本日のお茶会、最後にいただいたお茶は、最近、花粉症に効いたりするということで健康茶として話題の「苦丁茶(青山緑水)」です。

一般的な苦丁茶は、普通のお茶とは異なりモチノキ科の植物の葉から作られます。
今回いただいた「青山緑水」は、その中でもさらに特殊、種をまいて出てきた新芽のみを使って作られたお茶です。

一時話題になったスプラウトの例からわかるように、新芽には健康的なパワーが秘められていそうなのでこれは効きそうです(笑)

苦丁茶の効能

苦丁茶の入れ方

それでは、早速いただいてみましょう!


これが、「青山緑水」の茶葉。
新芽を使っているというだけあって、すごくきれいな緑色です♪


苦丁茶は名前が示すようにすごく苦いお茶です・・・

一部では罰ゲームで飲んだりするくらい苦いそうなのですが、白川氏の説明によれば入れ方によって、苦くも、甘くも、すっぱくもできるんだそうです。

気をつけるのは、使う茶葉の量です。
写真でちょびっとだけ入っていますが、蓋碗一杯を入れるのにたったこれだけの茶葉で良いそうなのです。
これは経済的(笑)


「青山緑水」は、入れたときがすごくきれい♪
小さくてうす緑色のきれいな新芽が開き蓋碗の中を舞うのは、神秘的ですらあります。


薄く入れているので、色はほとんどありません。

味のほうは、最初少しだけ苦く感じ、あとからほんのりと甘さが帰ってくるような不思議な感覚です!?

試しに、茶葉の量を2倍にした状態で飲んでみましたが、こちらはたしかに苦い!
「これぞ健康茶!」っていう感じ(笑)
個人的には、最初に飲んだ量くらいが好みですね〜

中国茶器と中国茶でなごめるか?の結論

これまで味わったことのない、新しい発見の連続で楽しんだ「中国茶お茶会」もこれで終了です。

今回のイベントには、僕のように「中国茶なんてぜんぜん知らないし〜」という人間から、「実は隠れ中国茶マニア」という方までいろいろな人が参加したのですが、「」の白川氏の情熱あふれるウンチクで、会が終わるころには、みんな中国茶の虜になりかけてしまいました。

もともと、マニア度の高い僕などは、帰りに茶器買って行っちゃうよ位の勢いです(笑)
本物の中国茶は、それくらい美味しかったし、何よりも「和み」ました。

僕はもともと「鮫型人間」で、常に何か考えたり手を動かしていないと退屈で死んでしまう人なのですが、そんな僕が「和んで」しまうくらいだからこれは強烈ですw

「優雅な時間と心のゆとり」
本物の中国茶はまさにこの言葉に偽りなしのすばらしい一品でした!


おまけ
今日使った茶器は、こんな風に茶盤に収めて運搬することができます。
いろいろと合理的にできてるんですね〜

健康維持とダイエットには苦丁茶(一葉茶)をどうぞ

前の記事→ 生茶の本物と偽物
 
苦丁茶の効能と味へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kossori.biz/blog/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2497


このサイトは、アフィリが運営する気になるアレを実際に使用し調査報告するサイトです